更新日 : 2024/07/08 06:09
CVSS v29.3 CVSS v39.8
【複数の Microsoft 製品におけるリモートでコードを実行される脆弱性】
2024年7月8日Microsoft Office脆弱性情報が公開されました。
対応が必要か検討してください。
本脆弱性は深刻度が高いため、早めの確認をお勧めいたします。
脆弱性情報の概要
複数の Microsoft 製品には、Microsoft Word ソフトウェアがメモリ内のオブジェクトの適切な処理に失敗した場合、リモートでコードを実行される脆弱性が存在します。 ベンダは、本脆弱性を「Microsoft Word のリモートでコードが実行される脆弱性」として公開しています。 本脆弱性は、CVE-2019-1201 とは異なる脆弱性です。
対象製品
製品:Microsoft Office
企業:マイクロソフト
深刻度(CVSS)
CVSS v2
9.3
CVSS v3
9.8

参考:CVSSの深刻度レベル
スコアCVSS v2CVSS v3
9.0~10.0危険緊急
7.0~8.9危険重要
4.0~6.9警告警告
0.1~3.9注意注意
0注意なし
リンク情報
JVN JVNDB-2019-007822
https://jvndb.jvn.jp/ja/contents/2019/JVNDB-2019-007822.html
CVE CVE-2019-1205
https://cve.mitre.org/cgi-bin/cvename.cgi?name=CVE-2019-1205
NVD CVE-2019-1205
https://nvd.nist.gov/vuln/detail/CVE-2019-1205
IPA CFA Microsoft 製品の脆弱性対策について(2019年8月)
https://www.ipa.go.jp/security/ciadr/vul/20190814-ms.html
JPCERT-AT JPCERT-AT-2019-0032
https://www.jpcert.or.jp/at/2019/at190032.html
CWE-noinfo
https://www.ipa.go.jp/security/vuln/scap/cwe.html
日付情報
登録日
2024/07/08 06:09:00
最終更新日
2024/07/08 06:09:00
「Microsoft Office」に関する直近の脆弱性情報
もっと見る >>