更新日 : 2022/02/02 09:07
CVSS v27.2 CVSS v37.8
【Linux Kernel における解放済みメモリの使用に関する脆弱性】
2022年2月2日Linux Kernel脆弱性情報が公開されました。
対応が必要か検討してください。
本脆弱性は深刻度が高いため、早めの確認をお勧めいたします。
脆弱性情報の概要
Linux Kernel には、解放済みメモリの使用に関する脆弱性が存在します。 ベンダは、本脆弱性を CID-c3e2219216c9 として公開しています。
対象製品
製品:Linux Kernel
企業:Linux
深刻度(CVSS)
CVSS v2
7.2
CVSS v3
7.8

参考:CVSSの深刻度レベル
スコアCVSS v2CVSS v3
9.0~10.0危険緊急
7.0~8.9危険重要
4.0~6.9警告警告
0.1~3.9注意注意
0注意なし
リンク情報
JVN JVNDB-2019-016274
https://jvndb.jvn.jp/ja/contents/2019/JVNDB-2019-016274.html
CVE CVE-2019-25044
https://www.cve.org/CVERecord?id=CVE-2019-25044
NVD CVE-2019-25044
https://nvd.nist.gov/vuln/detail/CVE-2019-25044
CWE-416
https://cwe.mitre.org/data/definitions/416.html
日付情報
登録日
2022/02/02 09:07:00
最終更新日
2022/02/02 09:07:00
「Linux Kernel」に関する直近の脆弱性情報
もっと見る >>