更新日 : 2014/12/08 08:07
CVSS v27.5 CVSS v3-
【OpenSSH の schnorr.c の hash_buffer 関数におけるサービス運用妨害 (DoS) の脆弱性】
2014年12月8日OpenSSH脆弱性情報が公開されました。
対応が必要か検討してください。
脆弱性情報の概要
OpenSSH の schnorr.c の hash_buffer 関数は、Makefile.inc が J-PAKE プロトコルを有効にするために変更された場合、特定のデータ構造を初期化しないため、サービス運用妨害 (メモリ破損) 状態にされるなど、不特定の影響を受ける脆弱性が存在します。
対象製品
製品:OpenSSH
企業:OpenBSD
深刻度(CVSS)
CVSS v2
7.5
CVSS v3
-

参考:CVSSの深刻度レベル
スコアCVSS v2CVSS v3
9.0~10.0危険緊急
7.0~8.9危険重要
4.0~6.9警告警告
0.1~3.9注意注意
0注意なし
リンク情報
JVN JVNDB-2014-001284
https://jvndb.jvn.jp/ja/contents/2014/JVNDB-2014-001284.html
CVE CVE-2014-1692
http://cve.mitre.org/cgi-bin/cvename.cgi?name=CVE-2014-1692
NVD CVE-2014-1692
http://web.nvd.nist.gov/view/vuln/detail?vulnId=CVE-2014-1692
CWE-119
https://jvndb.jvn.jp/ja/cwe/CWE-119.html
日付情報
登録日
2014/12/08 08:07:00
最終更新日
2014/12/08 08:07:00
「OpenSSH」に関する直近の脆弱性情報
もっと見る >>